2013年01月13日

細菌学総論2


細菌の細胞壁の特徴

          グラム陽性菌       グラム陰性菌
ペプチドグリカン  層数が多い(含量も多い) 層数が少ない(含量も少ない)
タイコ酸      あり           なし
外膜        なし           あり
強度        固い(三次元構造)    固くはない(架橋はなし)

細胞壁はN-アセチルムラミン酸とN-アセチルグルコサミンから構成される。
グラム陰性菌の外膜はリポ多糖と脂質二重層とリポ蛋白からなる。


LPSは何から構成されるか?

リピドA(内毒素の成分)、コア多糖、O側鎖多糖(O抗原)


L型細菌の特徴とは?

形の変化がある。可逆性がある。特殊な培地が必要である。


メソソームとは?

細菌の細胞質膜の一部が細胞質内に陥入して形成される小胞状、管状、層状などの膜構造のこと。


ポリリン酸顆粒は何に用いるか?

異染小体が細菌の同定に用いられる。


莢膜の意義

食菌作用に抵抗、抗原特異性から菌の分型を同定を行う。


線毛の作用とは?

普通線毛:粘着作用、性線毛:接合で遺伝子を伝達


芽胞とは?

グラム陽性のバシラス属とクロストリジウム属の菌は、栄養状態が悪化すると、菌体内に光屈折性が強い円形小体を形成する。これが芽胞で、良い条件になると発芽する。芽胞や物質代謝を行わず、分裂増殖をすることなく、休眠状態を保つ。


細菌の増殖曲線の四つの時期を列挙せよ。

@誘導期 A対数期 B静止期(定長期) C死滅期

10
プラスミドとは?

細菌染色体以外の遺伝物質で、二本鎖環状である。

11
プラスミドの種類について説明せよ。

Fプラスミド(線毛をコード)、Colプラスミド、Rプラスミド(薬剤耐性)、Viプラスミド(病原性)

12
溶菌感染の周期を延べよ。

@吸着 A核酸の注入 B核酸複製と構造蛋白の合成 Cファージ粒子の形成と放出

13
ファージ二種類の違いとは?

ビルレントファージ :溶菌を起こす。
テンペレートファージ:溶菌を起こすのは一部で、宿主細胞の染色体と行動し、活性化されると溶菌。
           ファージ遺伝子が細菌内で、消滅することもある。
14
プロファージとは何か?

宿主細胞のゲノムに組み込まれたファージ(テンペレートファージ)

15
遺伝子の転移と組み替え方法を述べよ。

@形質転換 A接合 B導入 C溶原化作用(ファージ変換)
Dプロトプラスト融合(二種類のL型細菌の融合による遺伝子の交換)

16
形質転換を説明せよ。

細菌が他の菌の遊離DNAを受け取り、自身のDNAに組み込むこと。(遺伝特性をもらう)
cf.この場合ファージは関与しない

17
接合とは何かを述べよ。

二つの細菌が直接に接触し、性線毛によりDNAを供給すること。(遺伝特性をもらう)

18
導入(形質導入)とは何かを述べよ。

バクテリオファージが菌体内で増殖する時、染色体DNAの断片を包み込んで、次に他の細菌に感染し、それを菌体内に注入すること。

19
溶原化変換(ファージ変換)とは何かを述べよ。

テンペレートファージが細菌に感染した後、プロファージとなり、ファージの遺伝子が細菌の染色体に組み込まれること。(遺伝特性をもらう)
【関連する記事】
posted by 我輩は細菌 at 02:25| 細菌学総論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。