2013年01月15日

細菌学各論2


抗酸菌を二種類に分けると?

定型抗酸菌(結核菌とらい菌)と非定型抗酸菌に分けられる。


抗酸菌の特徴および、何染色法が用いられるか?

グラム陰性、偏性好気性菌、Ziehl-Neelsen染色法
細胞性免疫が主、脂質を細胞壁に多く含む。


ツベルクリン反応とは?

以前はツベルクリン(結核菌から抽出したリポ蛋白)、現在はPPD(purified protein derivatives)を用い、皮内に注射する。48-72時間後に発赤や硬結を観察する。免疫がある場合は、T細胞が活性化しサイトカインを放出し、マクロファージが遊走し、W型アレルギー反応(遅延型アレルギー)が起こる。
硬結の大きさが0-0.5cmを陰性、0.5-1.5cmを陽性、1.5cm以上を強陽性とする。


BCGとは?

ウシ型結核菌より得た弱毒化した菌。


人に病気を起こす偏性嫌気性菌にはどんな属があるか?

クロストリジウム属(破傷風菌、ボツリヌス菌、ガス壊疽菌)、芽胞は偏在し菌体より大きい。


破傷風菌の病原物質は? 作用は? 使用するワクチンは?

破傷風神経毒(テタノスパスミン)
アセチルコリンの放出を抑制し、抑制性介在物質の放出をブロックすることにより、後シナプス性脊髄ニューロンの反射が高まり、反射の亢進が起こる。全身性痙攣も発生する。呼吸筋の麻痺から死亡にいたる例もある。
三種混合ワクチン(破傷風、ジフテリア、百日咳)を使用する。


ガス壊疽菌(ウェルシュ菌など)の病原物質とは?

α毒素、プロテアーゼ、DNase、RNase、ヒアルロニダーゼ
β毒素(組織壊死に関連)
ウェルシュ菌はエンテロトキシンも放出する。


ガス壊疽菌による疾患は?

ガス壊疽、食中毒、壊死性腸炎


ボツリヌス毒素の特徴。

内毒素で自己融解の際に放出される。神経毒タンパクを含む。

10
膣内の常在菌について。

デーテルライン桿菌:乳酸を産生し、膣内を酸性化する。

11
ジフテリア菌の特徴とは? 同定に何試験を行うか?

桿菌で端が膨らんだクラブ状である。
細胞質内にアニリン色素で染まる異染小体がある。外毒素(ジフテリア毒素)を産生する。
Schick試験:ジフテリア毒素を皮内に少量注射する。

12
炭疽菌による疾患にどのようなものがあるか?

皮膚炭疽、肺炭疽、腸炭疽、敗血症、急性出血性脳膜炎

13
ペスト菌による疾患を3種述べよ。

腺ペスト(リンパ節の腫脹)、肺ペスト(死亡率高い)、敗血症型ペスト cf.ネズミノミを介して伝染

14
ブルセラ菌による疾患にどのようなものがあるか?

波状熱(長さが数日の発熱を繰り返す)

15
放線菌の特徴、増殖方式、抗生物質は?集落の特徴は?

真菌と細菌の間で、細菌と良く似る。原核細胞型微生物。二等分裂法、断裂増殖。
抗生物質に感受性がある。病巣や膿汁中に硫黄顆粒(小さくて黄色い硫黄のような顆粒)がある。
fistulaを起こす。



【関連する記事】
posted by 我輩は細菌 at 21:14| 細菌学各論 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。